意外と知らないフコイダンの効果

フコイダンの健康効果とは

サプリメントなどで「フコイダン」という成分を聞いたことがありますか?フコイダンとはなんとなく体に良い成分のようだけど、具体的な効果は良く知らない…という人も多いかもしれませんね。フコイダンとは海藻の中でもコンブ、モズク、ワカメ(メカブ)などに含まれるぬめり成分で、水溶性食物繊維の一種でもあります。そして最近の研究で、フコイダンには様々な健康効果があることがわかってきました。
その中の一つは抗がん作用。体内にある免疫細胞を活性化させたり数を増やすことで、免疫力を大きくアップさせてくれることがわかっています。さらにがん細胞が出来ても「アポトーシス」させる作用があるとされています。アポトーシスというのは、細胞が一定の期間後に自ら死ぬように遺伝子に組み込まれた働きのこと。フコイダンによりアポトーシスを誘導し、がん細胞を消滅させるという作用があるのですね。
その他にも胃潰瘍などの原因になるピロリ菌を除去してくれたり、胃の粘膜を保護することで胃の健康を守ってくれる働きや、アレルギー症状を抑える働き、肝機能を向上させてくれる働き、コレステロール値を下げてくれる働き…など、様々な健康効果が見込めます。フコイダンとは今後サプリメントで市場はさらに広がっていくかもしれませんね。

フコイダンや効果について

フコイダンとはモズクや昆布のような海藻の特徴であるヌルヌルとした成分に含まれている多糖類のことです。このぬめりは抗ガンや抗ピロリ菌に効果があります。他に血栓症の予防、胃潰瘍、コレステロール値の減少、アレルギー症など、色々な効果があるといわれています。
ヌルヌルとした成分にはアルギン酸やラミニン等が入っていて、これらの成分はコレステロールの吸収を抑える働きや血圧を下げる働きがあることが判明しました。フコイダンの効果の中で特に優れているのが、アポトーシスという効果です。アポトーシスは正常な細胞には影響を与えずに、ガン細胞にだけ作用して自滅させる効果もあります。
他にフコイダンは腸を整え便秘解消効果もあるうえ、胃の弱っている部分を修繕して炎症を和らげる効果もあります。近頃の研究では胃潰瘍や十二指腸潰瘍に効果があるだけでなく、胃ガンの原因の1つでもあるピロリ菌にも効果があると判明しました。ピロリ菌は胃の中に居つく菌で、10代だと20%、40代になると80%もの人が持っている菌だと言われています。フコイダンは胃の中でピロリ菌を捕まえて、腸へと押し流す働きをします。このようにフコイダンはピロリ菌にも効果的な成分として注目されています。

乾燥を防いだり、アンチエイジングなど美容効果も期待できます! 弊社は売りっぱなしの販売店ではありません、専任スタッフを置き対応致します、それが弊社と他社との違いです。 検査基準をクリアしたフコイダンをオリジナル技術を駆使して超低分子加工し、吸収率を高めることに成功しました。 胃潰瘍の原因とされるピロリ菌に効果があることが分かっています。 フコイダンとは何かがわかりやすく紹介されています